読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AviUtl エンコード初心者向け方法及びAviUtlエラー・失敗対策

AviUtlは「KENくん」氏が個人で開発している動画編集ソフト。フリーで公開されているので、多くの方々に使われている。でも、AviUtlののデザインと使い方とがちょっと分かりにくいので、AviUtl エンコードの使い方に困っている方も多いね。そのため、本文はAviUtl コーデック・エンコードの使い方を初心者でもよく分かるように解説する。その上、エンコード途中、今まで現れたAviUtl エンコード 失敗・エラー及び対策も共有したい。

 

AviUtl エンコード の初心者向け使い方を解説(実例で説明)

 

AviUtlは2種類のエンコード方法を用意している。一つは「ファイル」→「AVI出力」。もう一つは「ファイル」→「プラグイン出力」。

AviUtl エンコード

「AVI出力」は動画共有サイトなどに投稿する用の動画には適していないし、自分で保存する用にも向かていない。「AVI出力」を選択して、動画をエンコードすると、できたファイルサイズが超巨大になるかもしれない。そのため、基本的には「AVI出力」を使用する必要はない。

プラグイン出力」を使用すれば、基本的には高画質且つ低容量で動画をエンコードできる。MP4、WMVなど。ただし、その機能を利用するには、別途のプラグインを導入しなきゃ。

MP4の汎用性が一番なので、AviUtlで動画をMP4にエンコードしたい場合が多いね。今日は、AviUtl エンコード MP4の方法を実例として紹介。対応プラグインを導入すると、他の動画形式のエンコードする方法もだいたい同じ。

 

MP4エンコードする方法:さて、以下のようにAviUtl エンコード 設定してください

AviUtl エンコード

Step 1: MP4動画形式で出力したい場合、「x264guiEx」プラグインが必要になる。「x264guiEx」プラグインをインストールした後、編集が終わった動画をエンコードするには、メニューの「ファイル」→「プラグイン出力」→「拡張 x264 出力(GUI) Ex」を選択する。

 Step 2: すると右のようなダイアログが表示される。「ビデオ圧縮」を押してエンコードの設定を確認する(YouTube用ならYouTube用の設定、ニコニコ用ならニコニコ用の設定)
好きなファイル名を入力する。

Step 3: 「保存」を押してエンコード開始する。後は動画(○○.mp4)完成! (AviUtlの低性能で、AviUtl エンコード 時間が長いかもしれない)

ヒント:ほかのプラグイン及び対応動画形式を紹介:
WMV出力Plus:WMV  
「FFmpegOUT」:「webm」「asf」など

今まで出てきたAviUtl エンコード エラー・失敗一覧

実はね、プラグインのインストールは面倒くさくて、インストール失敗に困っている方も多くいる。そして、インストール完了しても、ほかのAviUtl エンコード エラーもたくさん出てきたので、本当に使いづらい。ここは、今まで出てきたAviUtl エンコード エラー・失敗をまとめた:

AviUtlでゲ動画をエンコードをしようとしているが音声ファイルが見つからないというエラーが何度も出たことがある
拡張編集にMP4ファイルを読み込ませるが、動画ファイルの読み込みに失敗したことがある。
自動マルチパスにした後、音声エンコード変換終了後に「ファイルの出力に失敗しました」と出てこのようなエラーがある。
「音声ファイルの読み込みに失敗しました ファイルが見つかりませんでした」とエラーが出たことがある。
auo [error]: NeroAacEnc.exe の場所が指定されていません。
auo [error]: NeroAacEnc.exe を用意し、その場所を設定画面から正しく指定してください。
mp4[error]: cannot open file `C:¥○○.mp4'
x264[error]: could not open file `C:¥○○.mp4'
auo [error]: mux後ファイルが見つかりませんでした。
auo [error]: L-SMASH remuxer でのmuxに失敗しました。
auo [error]: muxのコマンドラインは…
auo [error ]:”.\x264.rXXX.win64.exe”
……

今まで出てきたAviUtl エンコード エラーが多すぎて、ここでは一つ一つ述べない。

 

簡単にやれる!AviUtl エンコード 失敗・エラーの対策を共有!


ネットから調べると、AviUtl エンコード 失敗のエラーを解決できる対策もあるが、プラグインを再インストールとか、qaacなどに切り替えるとか、とにかく面倒くさくて、操作もとても複雑でいやだ。 そして、AviUtlのバグが多いので、AviUtl コーデックする時、また最新のエラーも出るかもしれないので、最新の対策もないなら困るよ。最高のAviUtl エンコード エラー・失敗の対策といえば、いっそより使いやすいソフトを使用したほうがいい。ここで皆さんに愛用のフリーソフトMacX Video Converter Free Editionを共有したい。


MacX Video Converter Free Editionはだいたい三大機能を持っている。動画編集・動画エンコード(動画変換)・写真をスライドショー/ビデオに作成。AviUtlのエンコード方法と違い、ほかのプラグインをインストールする必要もないし、直接に動画をお好みの形式にエンコードできる。また、安定性もとっても高いし、エラーなんかお安心してください。AviUtl エンコード 時間がずいぶん長くて困る。MacX Video Converter Free Editionのエンコード時間がとても短いよ。使い方もとっても簡単よ。

ダウンロードページ及び動画エンコードの操作手順がコチラ>>

 

合わせて読みたい:

1.Aviutl 音ズレ補正法:拡張編集音ズレ、エンコード音ズレなど全てを修正

2.aviutlエンコードエラー:アドレス“0x0e73bfc”で例外“0xc0000005”の対処法